2007年09月17日

日本人の政治的発言

前回、ニューヨーク・タイムズ紙を引用して書いた「安倍首相辞任」について、もうひと言。まあ、オッサンのグチである。グチを言うのは、おっさんの習性みたいなものである。

「日本人も、『いやあ、安倍さんだからこそこんな短期間に政府の信頼を失墜させたんだねえ、さすがだねえ』とか、距離置いて皮肉ってる場合じゃない」と書いたが、どうも、最近のブログ等での発言を含めて、日本人のいわゆる知識人といわれる人たちの政治に対する姿勢には、気になることがあるのである。

上の書き込みの裏には、日本の首相がこんな「情けない振る舞い」をする背景には今の日本の政治風土があり、日本の政治風土がこんな状態になった背景にはこれまでの歴史があるだろう、その意味ではその歴史に(投票やその他の形で)かかわってきた国民にも責任はあるだろう、というゴクゴク当然の論理が念頭にある。

ところが、日本では、いわゆる評論家を除いて、自称他称の「知識人」の発言が、妙に政治から距離を置いているように、あるいはそう言うのがまずければ、妙にはすかいに構えているように見えてならないのだ。もちろん、皮肉やシニカルさも、批判の一部として重要な武器であることはある。だが、日本でされる言説の多くの「皮肉やシニカルさ」は、対象にコミットしない姿勢や、それを小ばかにした雰囲気をかもし出しているように思われる。

これはなんなんだろう? それは、わたしが、フランスという、ほとんど誰もが政治的な発言をしたがる国にいるため、(以前日本にいた時よりも)なおさら強く感じるのだろうか。この国の投票率は、ゆうに80%を越える。選挙などの政治的イベントがあれば、テレビでは文字通り朝まで議論する国である。たしかに、国民性かも知れず、日本とは比較にならないだろう。しかし、そこには、「政治は国民である自分が作っているのだ」という信念が感じられる。それはたぶん、民主主義にとって非常に大事な信念だろうと思う。

<まっすぐに怒る>ことは大事だと思うのだ。日本のこの状況とフランス国民を比較するたびに、最近亡くなった小田実氏のことを思う。以前、このブログで「小田実の怒り」という文章を書いた。そこで、
「小田実が、その睨みつけるような風貌でなぜこれほどまでに怒っているのかというのは考える価値のある問題だと思う。あるいは、なぜ彼だけ怒っているように見えるのか、というべきか。日本人は怒らない――怒らないことを、なにか「大人らしい」こととみなして、怒るべき出来事を水に流して、いや、怒るべき出来事に目をつむっている国民だと思う」
と書いた。その思いは今でも変わらない。
http://dokugo.seesaa.net/article/7760861.html

日本では古くから、「政治はお上のこと」、「難しい議論は会話になじまない」、「真剣に議論する人は、とっつきにくい」という知的雰囲気があったと思う。そうした考え方には納得できないが、それを百歩譲って認めたとしても、いまの皮肉やシニカルさはなんなのだろうか。

これは、しばらく前に、日本社会に嵐のように吹きすさんだ「軽さバンザイ」だけではないと思う。これは、某巨大掲示板などでの一部の投稿者が見せる、片足は逃げ易いところに置いておきながら、“背中を向けつつ”断片的な言説を書き込んで行くという風潮と、なにか一致するものがあるような気がする。そして、それは、いまの日本人の多くが、実際に顔を見せてモノを言う時はとても消極的だが、顔が見えないネット上になると、とたんに雄弁に、さらに攻撃的にさえなる傾向と無関係ではないのかもしれない……。

一つの例外:Yahooに「Yahoo!みんなの政治」という最近できたコーナーがある。ここでは、各政治家について、誰もが「政策」「情報公開」「政治実績」などについて評価を下すことができ、自由にコメントを書き込むことができる(誰の指図か、なんと!時どき“批判的なコメント”が削除されるようだが)。読むかぎり、真剣な国民が多いことに驚く。彼らの怒りは健全で、決して非生産的ではないと思う。


posted by ろじ at 00:00| パリ ☁| 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

寒い

安倍さん辞任の日.jpg

 現在アパートの壁の工事をしていて(そう、7月末で終わるはずだったやつだ)、昼間、家で仕事をしているとうるさくて集中できない。仕方がないので、ウチのちっぽけなベランダにコンピューターを持ち出して仕事をしている。しかし、やけに寒いんですが。もう秋のピークなんですかね、パリは。

 
と、家に入り込んでインターネットを開けたら、もっとサムイ出来事が日本で起きていた。

 
朝日新聞ネット版で読んだのだが、海外ではニューヨーク・タイムズ紙は反応が早い。安倍首相の辞任が伝えられたのは12日12時頃(アメリカ東部時間前日の22時、フランス時間当日4時)、辞任表明演説は午後2時(アメリカ東部時間当日0時、フランス時間当日6時)。最初の辞任の報の3時間後の午前1時に速報、辞任表明演説は4時間後には詳細な記事が出ていた。さすが特派員のオオニシ氏を派遣しているだけある(このオオニシ氏、時どき日本について物議をかもす記事を書くけど)。
 (しかしそれにしても、朝日新聞には何が起こったのか時系列的にわかるような記事がない。いつものごとし、イライラさせられるのは、あいかわらずである。)

Japanese Prime Minister Says He Will Resign (AP電)

http://www.nytimes.com/aponline/world/12abe-web.html?_r=1&oref=slogin

Japanese Premier, Losing Support, Resigns(下に引用。上の写真はこの記事からで、ロイター)

http://www.nytimes.com/2007/09/12/world/asia/12cnd-japan.html
  一方、フランスのル・モンド紙(国際版ディプロではないヤツ)は、12日の夜になっても記事は出ない。ル・モンド紙のウェブ版がそういうもんなのか(しかし、ラグビーW杯のフランスチームについては、23時にアップがあったのにな)。ここらあたりは、日本との距離の違いか。

 
ニューヨーク・タイムズ紙の安倍氏にたいするコメントは辛らつだ。「Shinzo Abe, the nationalist leader whose vision of an unapologetically strong Japan sank amid scandals, incompetence and gaffes, said he would step down.」と。「自分の非を認めないほど強い日本観を持っていた国家主義的リーダーがスキャンダルと無能と失策(へま)のただ中にあった」と、はっきり書いている。安倍氏およびその周りの右派への言及だ。「deeply unpopular(きわめて不人気)」とも書かれている。

 
あまりに情けない辞め方で、意図的に狙ってるとしか思えないが……。本当に熟慮した結果なのだろうか。一国の首相がこんな時期に、こんな風に辞めるとは、海外から、政治のやり方も知らないシロウト、と思われても仕方ないだろうね(ロンドン株価市場では、「べーつに。彼が辞めてもなーんも影響ないね」とか言われてるそうですがね)。

 
明らかに情けないテイタラクなんだが、安倍氏がこんな失態を続けたのは、周りにしっかりとしたブレーンがいなかったこともあるのだろう(同じように国民の半数から嫌われたブッシュを見ろ、一応ちゃんと任務を遂行してるぞ。問題起こしてはいるが)。が、それ以上に、そもそも、こんな政治的手腕以前の彼を選んだ人たちのみる目のなさは批判されてしかるべきだと思う。

 
フランスのテレビでは、このニュースと同時に、ギリシアで大規模な山火事が続くのに、互いに責任を擦り付け合って何の策も出さない政府と野党に怒った国民が「無言デモ」(国民が、何も叫ばないが、各地に黒い服を着て集まった)をしたというニュースが報じられていた。日本人も、「いやあ、安倍さんだからこそこんな短期間に政府の信頼を失墜させたんだねえ、さすがだねえ」とか、距離置いて皮肉ってる場合じゃないですよ。もっとストレートに怒ろうよ。ここまで政府や政治家を至らせた国民の責任もあるでしょう。国民の政治的成熟度が問われてると思いますね。先の選挙では、それが垣間見られた気がしてホッとしたけど。もちろん、「国民の政治的成熟度」を「政治家の政治的成熟度」にどうつなげて行くか、という大きな課題は残るでしょうが。
posted by ろじ at 00:00| パリ | 日本・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

マザー・テレサも神の存在を疑ったか……

この記事は胸を打った。「聖人」に限りなく近いと言われたマザー・テレサにして、このありよう。ただ、正直いうと、驚かない。信じたくはないが、人間である以上、孤独に苦しみ、信仰に関して“揺れ動く”のはしょうがない気がする。

……って、ズボラで、生臭さで、「聖人」にはほど遠いオレが言えることでもないが。
**** 

posted by ろじ at 00:00| パリ | 国際・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

金稼ぎに使われる女たち

9月5日付の『International Herald Tribune』紙に、Bob Herbert 氏が「Living off women(女性で儲けて)」と題するコラム。ラス・ベガスで女性たちが性産業のために、強制的に働かされる状況を解説している。

ラス・ベガスは、よほどのことをしない限り「なんでもアリ」で、女性が買われ、売られ、強制・暴力によって性産業に従事させされる、つまりSex Trade の対象として扱われる現状は、全米で最悪だという。ラス・ベガスは、性産業界の、北米でのハブになっているのだそうだ。

その現状を伝える、心理学者Melissa Farleyの報告書『Prostitution and Trafficking in Nevada: Making the Connections』が、最近インターネット上に公表されたという。

それを端的に表した報告書からの一節、「The report explores ... the horrendous toll that prostitution, legal or illegal, takes on the women and girls involved.  If you peel back the thin, supposedly sexy veneer of the commercial sex trade, you'll quickly see the rotten inside, where females are bought, sold, raped, beaten, shamed and in many, many cases, physically and emotionally wrecked」 が、ことのほか、悲しい。  
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁| アメリカ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

ヴォラール、ロダンの日本趣味

このあいだの日曜日は、月の第一日曜日で美術館がタダの日。

まず、オルセー美術館に。ここでやっている「画商ヴォラール」展が、見たかったのである。画商ヴォラールは、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、マチス、ピカソなど、絵画史上に輝く星々を見出したので知られている。

ある日、法学生だったヴォラールは、街角でセザンヌの絵を見て感激する。
「画商になって、こうした美しい絵たちに囲まれて一生を過ごせたら、なんとすばらしいことだろう!」
そして、1895年11月、自分のギャラリーで最初の『セザンヌ展』を企画する。その時から、セザンヌの絵は、多くの若い画家たちを刺激し始める。そして、ヴォラールはそうした画家たちを支援するようになる。

彼が慧眼だったこともあるが、優れた画家たちを輩出した、じつにエキサイティングなの時代(後に「印象派」と呼ばれるようになる)に居合わせたこともあるだろう。だが、ヴォラールがまだ評価の高くない若い画家たちを、勇気(財布の紐を開ける勇気も)を持って支えたことは重要だったろう。

機会を与えられた若者たちは、次々に野心的な絵を制作した。ヴォラールは、彼ら画家に、装飾画やセラミックもあえてさせたりしたという。また、画家たちは、ヴォラールに気に入られるために彼の肖像画を競って描いたという。

10ほどある部屋ごとに画家の絵が分けられ、そんなヴォラールと各画家とのそれぞれエキサイティングな出会いが良くわかるようになっていた。これは、画商が画家に影響をあたえ、絵画の歴史に大きく影響した、稀有な例の一つだと思う。
じつに良い展覧会であった。こんなのがタダで見れるなんて、パリは良いとこや(ゲンキンな)。

*****************************

その後、ロダン美術館での『ロダン、日本の夢』という小さな展覧会に行く。
ロダンが集めたり貰ったりした日本の芸術品(主に浮世絵や枕絵)、そして、彼の有名な作品「花子像」のおおくの習作を集めたものである。

これも、面白かった。ロダンのデッサンが、日本の浮世絵や線描の教科書をどのように参考にしているかが見て取れた。人間の体の動きを、一瞬のポーズの中にどう“包み込み”、はらまれた動きをどう表現するか、という点で、日本の浮世絵や線描はかっこうのお手本だったらしい。

見た後、美術館の庭にあるレストランに座る。
ここは、木立に囲まれた、ちょっとしたオアシスである。
そこに、疲れた体を休めて、アホウのようにしばらく座る――。ゴクラクである……。
おっと、ヨダレをたらして寝ていたか……。
しかし、夢には、ヴォラールもロダンも、ましてや枕絵も出てこなかった。

目の前で、鳩が大勢で、地べたのパンをつついていた。

posted by ろじ at 00:00| パリ ☀| 芸術・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

夏の終わりに

 秘密裏に自分でかってに書きなぐっていた大リーグ日記を、ペナントレースが熾烈になってきたこの機会に公開します。かなり思い入れ濃いです。しかし、「思い込み」はできるだけ避けてるつもりです。レッドソックスが地区優勝、そしてワールドシリーズy(ゴホゴホ)に向かうにつれ、もっと熱くなると思いますが。

 こいつなに考えてんだとか、大リーグのどこが面白れえんだ、などと興味がおありの方は、下のリンクか、ページ右上の「リンク」から行ってみてください。まだ、過去の書き込みの方にメモや英語のリンクをはっただけのもありますが、徐々に仕上げて行くつもりです。まあ、ズボラなわたしの言うことなので、過去のコラムや未稿のアップも含めて、いつになるのかは保証の限りではありませんが。
 よろしくお願いします。
独舌・MLB大リーグ通信
http://mlb-news.seesaa.net/

*********************************
 先週の26日の日曜日、仕事が煮詰まったので、午後からパリの南の方にドライブに出た。行ったところは、作家コクトーのお墓のある閑寂な修道院である。田舎の静やかな空気の中に午後の陽に包まれて、12世紀の小さな修道院は建っていた。

 そのことはまたいずれ書くと思うが、帰途、パリに向かう高速道路を運転していると、おもしろかった。バカンスからの帰りと思われるトレーラー(キャンピングカー)を引く車を、次々に見たのである。ちょうど、夕方には秋風も感じられる夏の終わりであった。しかも、フランスは、トレーラーに関してはモノポリーがかなり進んでいると見えて、ほとんどの車が、ある2社の名前だった。なんというか忘れてしまったが。

 家に着くと、角のところに大きなバンが停まり、自転車をたくさん積んでいた。2家族なのだろう、降り人たちが「良いバカンスだったね」といい、キスをし合っていた。

*********************************
 31日付のNYタイムズ紙に、東京裁判の判事パル氏の墓のことが書いてあった。

 判事パル判事のお墓が靖国神社に2年前に建てられたなんて、読者の皆さんはご存知だったろうか。日本にいたが知らなかったな。

Decades After War Trials, Japan Still Honors a Dissenting Judge
http://www.nytimes.com/2007/08/31/world/asia/31memo.html?_r=1&oref=slogin

TOKYO, Aug. 30 An Indian judge, remembered by fewer and fewer of his own countrymen 40 years after his death, is still big in Japan.

Among the memorials at the Yasukuni Shrine in Tokyo is a monument to Judge Radhabinod Pal of India.

In recent weeks alone, NHK, the public broadcaster, devoted 55 minutes of prime time to his life, and a scholar came out with a 309-page book exploring his thinking and its impact on Japan. Capping it all, Prime Minister Shinzo Abe, during a visit to India last week, paid tribute to him in a speech to the Indian Parliament in New Delhi and then traveled to Calcutta to meet the judge’s 81-year-old son.

A monument to the judge erected two years ago at the Yasukuni Shrine, the memorial to Japan’s war dead and a rallying point for Japanese nationalists provides a clue to his identity: Radhabinod Pal, the only one out of 11 Allied justices who handed down a not guilty verdict for Japan’s top wartime leaders at the post-World War II International Military Tribunal for the Far East, or the Tokyo trials.

posted by ろじ at 00:00| パリ ☁| フランス・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。