2011年12月24日

初めてのクリスマスイブ

年内の仕事がなかなか終わらず、上さんも仕事でいないので、今日は、パコを保育園に預けて仕事。はかどらず、ネットサーフィンや年賀状作りをしている自分に苛立ち、ついに夕方、外にジョギングに。昨日もジムに行ったし、上手くいかないときは体でも動かすほかない。

暗い公園を黙々と走るのは自分くらいで、すれ違う人たちは、家かどこかに足早に急ぐ風情。公園のベンチで、ひと組の男女がギターを弾いていた。そんなクリスマスイブも良い。

上さんが、立派なディナーとケーキを作ってくれた。パコも大喜びでお代わりした。わが人生、小さい時から、クリスマスイブや正月なんて、まともに祝ったことが少ないから、こんなイブも良いと思う。

深夜、パコのためのプレゼントセッティング、終了。1歳半になるパコには、実質的には初めてのクリスマスだ。

パコは、家ではいつも、通販の広告で入ってきた紙のおままごとセットや、ジュースの空きプラスチックと紙コップで遊んでいる。「じゅーすを、どうじょ」。「あい、できましたよ。あついですよ」などと、“焼いたハンバーグ”を食べさせてくれる。
「じゅーす、もっと?」
「ハイお願いします」と言うと、喜んで注いでくれる。
そんな紙切れでもあまりにも熱心で、時には、見ていて不憫になった。さすがに、上さんが木のコップとお皿を買ってきたりした。そこで、クリスマスは、キッチンセットをプレゼント。

パコが寝室でなかなか寝なかった時、「良い子には、サンタさんがプレゼント持ってくるよ。その窓から……」と言うと、「そこから?」と大きな目を開いて指さして言いながら、それまで寄りかかっていた母親を飛び越えて、自分の寝床に横になり、寝たふりをした。サンタ神話は効果絶大を実感。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

復習・メディアの罪

今回の福島(人災)事故の直後から、新聞・テレビメディアの犯した失敗・罪は何だろうか。

@ パニックに陥り事実を正確に伝えられなかった。
A 事実やデータを隠ぺいした、あるいは隠ぺいしようとする政府・東電に加担するような報道をした(している)。
B 現在進行中の問題から目をそらすようなオメデタイ報道・TV番組――愚劣なバラエティー番組や全く関係ない「カワイイ」物語をふくむ――を流し続けたこと(または流し続けていること)。これは、避難民の感動話や成功話をやたら強調することをふくむ。

Bは、人々の意識を現在進行中の問題からそらせるという意味で罪が重い。それは、日本の西に住む人々の「フクシマはもう終わった」という反応に現れる。
Aは、たとえば「キシャクラブ」という形でいまだ進行中の、日本の構造的な問題である。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

郵便局と日本郵便って

昨夜遅く、フランスにカードを送るため、郵便局の「臨時窓口」に行った。目の前のおばあさんが年賀切手を買おうとしたが、「すべて売れ切れです」と言われていた。
「大事な人に送りたいのに、残念ですねえ」

今日、昼間にその郵便局に行ったら、年賀切手は十分にあった。
「昨夜、そこ窓口に来たら、ないと言われましたよ。別会社なんですか?」
と訊くと、そうだと言う。

郵便局と日本郵便(と日本郵政?)の扱いは違うということなんだろうが、誰か、この違いを教えてくれないか?利用者からみれば、同じく郵便物を扱うのに、何が何だか分からない。実に愚劣なほどにバカげている。

年賀状の印刷も、昨年までは、郵便局と日本郵便(と日本郵政?)は、ネット上でそれぞれ独立に注文を受け付けていた。(今年は、一つだけになったようだが。)「民営化」といい何か改善されたようなうたい文句だったが、改悪としか思えない。

日本的「縦割り化」のまさに投影なのだろうか? 日本のこういう愚劣でバカげた役所的、元役所的あり方に、最近、イライラすることばかりだ。こんなことが「民営化」の名のもとにまかり通るとは、ホントに「村社会」である。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

読む

パコはまだ字が読めない。最近、「の」という形が分かったくらいだ。絵本も「読んで、読んで」とこちらに頼むばかりだ。

しかし、パコは、保育園からの連絡帳は自分で読むのが好きである。今夜も、母親からひったくって、寝ている母親の上にまたがり、ページを開いて読み始めた。文章のオワリが「……した」だというのは知っている。

「パコが……っした……パコっが……したっ。……っした……」
白いページが来ると、「おしまい!」という。
しかし、パコが開けている連絡帳は、いつも逆さまなのであった。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

柿かリンゴか

お久しぶりです。仕事やパコの(立て続けの)病気で、ブログを書く時間どころか寝る時間もありませんでした。少しずつ書いて、過去の日記は徐々にアップしていくことにします。
*********************************

パコは水ぼうそうも治って、食欲も出てきた。

柿がお気に入りだ。しばらく前に食べた甘い富有柿に味をしめたのだろう。しかし、この時期、柿は産地を気にするからというだけではなくて、かなり高価で手に入れにくいものだ。一つ200円ほどすることもあり、家ではいつも買えるものではない。

それでも、パコは
「あきー、あきー」(「かき」がまだ発音できない)
と、食後に言うことが多い。たまに手に入ると、ドンドン口にする。もちろん、そんな時は、私の分を上げる。

昔、ある映画で、アメリカのNYあたりに住むアイルランド移民のボクサーが、すさまじい貧困の中、わずかばかり手に入ったハムの切れ端を娘にゆずる場面を観た時、「そんなものか」と思ったものだが、今は、子供に食べさせるのなら自分の分がなくても良い、という気持ちが分かるようになった。

それでも、柿のかわりに比較的安いリンゴがある時など、パコはこちらのすまなそうな顔を見て、
「いんご」(りんご)
と言ってくれることも多くなった。親孝行な娘だ。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。