2011年12月18日

柿かリンゴか

お久しぶりです。仕事やパコの(立て続けの)病気で、ブログを書く時間どころか寝る時間もありませんでした。少しずつ書いて、過去の日記は徐々にアップしていくことにします。
*********************************

パコは水ぼうそうも治って、食欲も出てきた。

柿がお気に入りだ。しばらく前に食べた甘い富有柿に味をしめたのだろう。しかし、この時期、柿は産地を気にするからというだけではなくて、かなり高価で手に入れにくいものだ。一つ200円ほどすることもあり、家ではいつも買えるものではない。

それでも、パコは
「あきー、あきー」(「かき」がまだ発音できない)
と、食後に言うことが多い。たまに手に入ると、ドンドン口にする。もちろん、そんな時は、私の分を上げる。

昔、ある映画で、アメリカのNYあたりに住むアイルランド移民のボクサーが、すさまじい貧困の中、わずかばかり手に入ったハムの切れ端を娘にゆずる場面を観た時、「そんなものか」と思ったものだが、今は、子供に食べさせるのなら自分の分がなくても良い、という気持ちが分かるようになった。

それでも、柿のかわりに比較的安いリンゴがある時など、パコはこちらのすまなそうな顔を見て、
「いんご」(りんご)
と言ってくれることも多くなった。親孝行な娘だ。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。