2011年12月23日

復習・メディアの罪

今回の福島(人災)事故の直後から、新聞・テレビメディアの犯した失敗・罪は何だろうか。

@ パニックに陥り事実を正確に伝えられなかった。
A 事実やデータを隠ぺいした、あるいは隠ぺいしようとする政府・東電に加担するような報道をした(している)。
B 現在進行中の問題から目をそらすようなオメデタイ報道・TV番組――愚劣なバラエティー番組や全く関係ない「カワイイ」物語をふくむ――を流し続けたこと(または流し続けていること)。これは、避難民の感動話や成功話をやたら強調することをふくむ。

Bは、人々の意識を現在進行中の問題からそらせるという意味で罪が重い。それは、日本の西に住む人々の「フクシマはもう終わった」という反応に現れる。
Aは、たとえば「キシャクラブ」という形でいまだ進行中の、日本の構造的な問題である。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。