2011年12月24日

初めてのクリスマスイブ

年内の仕事がなかなか終わらず、上さんも仕事でいないので、今日は、パコを保育園に預けて仕事。はかどらず、ネットサーフィンや年賀状作りをしている自分に苛立ち、ついに夕方、外にジョギングに。昨日もジムに行ったし、上手くいかないときは体でも動かすほかない。

暗い公園を黙々と走るのは自分くらいで、すれ違う人たちは、家かどこかに足早に急ぐ風情。公園のベンチで、ひと組の男女がギターを弾いていた。そんなクリスマスイブも良い。

上さんが、立派なディナーとケーキを作ってくれた。パコも大喜びでお代わりした。わが人生、小さい時から、クリスマスイブや正月なんて、まともに祝ったことが少ないから、こんなイブも良いと思う。

深夜、パコのためのプレゼントセッティング、終了。1歳半になるパコには、実質的には初めてのクリスマスだ。

パコは、家ではいつも、通販の広告で入ってきた紙のおままごとセットや、ジュースの空きプラスチックと紙コップで遊んでいる。「じゅーすを、どうじょ」。「あい、できましたよ。あついですよ」などと、“焼いたハンバーグ”を食べさせてくれる。
「じゅーす、もっと?」
「ハイお願いします」と言うと、喜んで注いでくれる。
そんな紙切れでもあまりにも熱心で、時には、見ていて不憫になった。さすがに、上さんが木のコップとお皿を買ってきたりした。そこで、クリスマスは、キッチンセットをプレゼント。

パコが寝室でなかなか寝なかった時、「良い子には、サンタさんがプレゼント持ってくるよ。その窓から……」と言うと、「そこから?」と大きな目を開いて指さして言いながら、それまで寄りかかっていた母親を飛び越えて、自分の寝床に横になり、寝たふりをした。サンタ神話は効果絶大を実感。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。