2011年04月09日

保安院「非常電源、十分でなかった」

保安院が非常電源配備が「十分でなかった」と認めた。福島原発の安全システムの不備を暗に認めたことになろう。

しかし、これは、7日深夜の余震があったからこそ。あれがなかったら、あいかわらず認めていなかった、すなわち、福島原発の「安全不備」は認められることなく、済まそうとしたことだろう。こんな原子力安全・保安院を、この国はいつまで維持し続けるつもりなのだろうか。世界で笑い物になっているのに。
非常電源配備「十分でなかった」 
東通原発には発電機が3台あったが、余震時、残る2台は点検中で、一時は3台とも動かない状態になった。保安規定では、原発の運転停止中は1台で良いとされていたが、経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は9日、「(従来の考え方は)十分ではなかったといわざるを得ない」と認めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0409/TKY201104090520.html
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。