2011年07月16日

週末はフィーバー

午後、保育園から電話があった。パコに39度近い熱があると言う。あわてて迎えに行く。

あちこち電話したが、土曜の午後は小児科病院は閉まっている。とりあえず、明日の朝まで看て熱が下がらなければ、救急でもなんでも、医者に行くしかない。

保育園に着くと、パコは医務室のベッドに横になっていた。オデコに乳児用の(?)小さなヒエピタが貼られている。元気がない。朝は、あんなに威勢がよかったのに(大騒ぎで、グラスを一つ床にたたきつけて割った)。

帰宅してジュースを飲ませるが、いつもの元気さはない。横になるパコに添い寝する。仕事が遅れるが仕方がない。私もいつまで生きられるか判らない。機会があれば、できるだけパコの相手をしなければ。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。