2011年07月25日

名前

パコが、“言葉”を積極的に使うようになった。一週間ほど前から、広告を見ながら、フニャフニャフニョと“読む”のだ。

朝、起き出してきたかと思えば、「むンニャむーにゃむー」と、“歌”らしきものを歌うこともある。

こちらを指さして、「だれ?」と訊くと、「かあーたん」や「おとーたん」と言う。「パーちゃんは?」と言うと、自分の鼻を指す。

「パーたん」は、前から、食べ物が欲しい時に言っていた。お菓子を食べていると、お菓子を指さして「パーたん」「パーたん」と言う。「パコちゃんも食べる!」という意味だ。「お菓子食べる?」と訊くと、さっそくお座りして待っている。

名前があるのがおもしろいのか、母親を指さして「ん?」とやる。「おかあさん」と答えると、もう一人の父親を指さして「ん?」とやる。「おとうさん」と答えると、また母親の方を指さす……ということを延々と繰り返す。時に、エアコンを指して、「ん?」。

風呂に入れてやっていると、ボディタワシを指さして「ん?」。気になるあちこち指さして、徹底的に訊くのである。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | パコの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。