2011年03月31日

経済性とテイサイ優先の日本社会

海外から心配してくれるメールに、私は「情報操作と隠ぺい――われわれの国は、近代国家・民主主義を掲げながら、こんな前時代的な治め方をしているのです」と返事を書く。

以前から、上さんには「この国の原子力は問題アリ。それは技術的にというより、その技術を設計し取り扱う人間や会社の問題。特に、古い福島原発は危ない」と言い続けてきた。国のシステムというものを信頼している上さんは、フンと、私の心配を笑い飛ばしていた。

今回の事故ならびのその後のテイタラクに、上さんはショックらしい。確かに私にも「ショック」だし悲しい事故だと思うが、実を言うと驚きはしない。東電の事故直後の処理のマズサがここまで酷いとは驚きだったが、全く予想外ではない。それは、この国には「経営論理、企業リンリ」つまり、人(この場合、人の安全や命)よりも企業の体裁やメンツを優先する姿勢が根強くあり、倫理よりも経済性を優先してはばからない風土である、という信念があるからだ。その意味では高度経済成長時代からさして変わったわけではないだろう。

それに加えて、大手メディアに勤める人、ジャーナリストも似たような傾向がある。フリージャーナリストの上杉隆が、出演しているメディアやラジオ番組でTEPCO(東電)や電事連(電気事業連合会)を批判したら、プロディーサーに番組を降ろされたそうだ。
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/2754
東電や政府筋の「ウソ」も指摘されている。

電気力会社、原子力関係、大メディア(特に「キシャクラブ」に属する)者たちは、自分たちが正確な報道をしていないことを、どう思っているんだろうか。「生活がかかっている」とでもいうのだろうか?

なら、応えよう。福島にいる人たちは、これまでも、そして今も、
「命がかかっている」

しかし、東電はすぐには変わらない――会長の「記者会見」を見て思った。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島県前知事「無分別が生んだ破局」

書き手に疑問のある方もあろうが。→原発事故の直後、メディアで「これくらいの放射線は安全」と繰り返していた東大教授たちが、当大学でしていたこと。武田邦彦(あの『エコの嘘』で安井至氏その他から批判されていた)の指摘。
http://takedanet.com/2011/03/42_20e0.html 

それから、福島県前知事の佐藤氏の話。原子力政策に巻き込まれた日本の大メディアは、こういうまともな意見を真剣に記事にする気にもならないのだろうか。
「無分別が生んだ破局」と福島県前知事の佐藤氏、仏紙に
佐藤氏は福島県知事時代の1998年、全国で初めてプルサーマル計画を了承。プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が福島第1原発に搬入されたが、2002年に東電の原発トラブル隠しが発覚、了承を撤回した経緯がある。

 佐藤氏は「(今回の事故で)恐れていたことが現実になってしまった」と指摘。日本の原発行政を推進する経済産業省と監視機関の原子力安全・保安院を分離すべきだとの声があったのに実現していないことを挙げて「日本は民主国家だが、浸透していない分野がある。正体不明の利益に応じて、数々の決定がなされている」と原子力行政の不透明性を暴露した。
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032801001106.html
原発災害用のロボットが代わりにアメリカより来たが、日本のロボットは、メンテが悪くて使い物にならないんだという(テレ朝・報道ステーションより)。どんだけアマチュアなんですか、日本の原子力関係者は? 噂では、予算がつかなくなって作業ロボットを維持できなくなったんだとか?安全軽視そのものである。

今日の保安院の解説。放射性ヨウ素131が、「やや高い値の」基準4385倍が海水から検出された。なんだ、「やや高い値の」って。(原発推進の)経産省の下にある保安院に安全を任せることは、もうできないと思う。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

NHK解説者の怪

東電記者会見での、「記者クラブ」メンバーのフリーのジャーナリストの質問に対する<割込み発言>、凄かった。(最初に立て続けに日経記者が質問したのにも、「やはり」と思った)。フリーの田中氏のスルドイ質問(東電会長と大メディアの中国旅行について)にも、記者席から「やめろ」という声が上がった気がする。そうだとしたら、恥ずかしくないのか?

昨夜9時のNHKニュースに出た解説者、大阪大大学院の教授の話も、聞いていて悲しくなった。今の段階で日本人のほとんどが分りきっていることを回りくどく言い、大越氏の質問に対してストレートに答えず、要は「注意・警戒しましょう」。そんなことなら、誰でもいえる。

経歴を調べてみると、原子力協会(学会)から賞をいただいている。ああ、先生もいわゆる「原子力ムラ」……。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基準値2倍

もし食品安全委員会が、食品のセシウム基準値を2倍まで認めれば人々が気にせずその食品を食べるようになる、と考えているとしたら、彼らは、買い控えや風評被害の背後にある人間の心理を何も理解していないナイーブな人たちということになる。「基準値2倍」は流通を認めるだけにすぎない。

アメリカから援軍が作業ロボットを持ってやって来た。
さて、アメリカ援軍の責任者のコメント「原発までにはガレキがあるが動線を確保しなければならない……」なんと判りやすい! 日本人の説明は……。さらに、「日本はもうすぐ梅雨に入るから……」という一言。――そう。これは、これまで日本の誰も言わなかったと思う。彼らプロだなと思った瞬間。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

1ミリと100ミリの不思議

国会で、鬼の首を取ったように民主政権を批判している自民党議員よ。この国の原子力行政が自民党政権時代に造り上げられたことを、まさか御存じないわけではないでしょう。原発行政=電力会社との協同、安全の軽視政策を含みます。民主におとらず自民党の罪は重いでしょう。

その責任を感じて、いいかげん「政局」判断で動くのを止めて、一日も早く、災害復興に協力するべきです。

さて、いまの懸念は、放射能の年間被ばく量を(国際基準の)「1ミリシーベルト」とすべきか、日本で頻繁に言われだした「100ミリシーベルト」とすべきか。TVに出てくる専門家は「100ミリ」をお勧めで、それは「1000人に5人にガンが発症する程度」って――それは高くないの?しかも、子供はもっと割合が高い。「日本人は半分がガンにかかるのだから、気にする割合ではない」と。それは生涯ででしょうに。どうも納得いかない。

子供のうちからガンの発症率が高くなっていいのか?パコを持つ親として、まったく納得いかん。
posted by ろじ at 00:00| パリ ☁ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

日本メディアの醜さ

26日深夜のTV朝日『朝まで生テレビ』は今回の大震災・原発事故がテーマだった。スタジオに集まった原発推進派の論調(?)に驚く。
「原発は、リスクを無視しなくては作れません」
「(今回の事故は)いい教訓です。これから安全性を高めればいい」
と言い切る政府系研究所出身の学者。

特に、有名な女性経済評論家(原発のCMにも出ていた)の
「そもそも、放射能物質が実際よりかなり怖いと思われていることに問題があるんです」
「今回の原子力の問題、死者が出ましたか? 津波の死者と比べて、報道のされ具合と死者数のバランスが悪いと思います」
この最後の発言には、まさに耳を疑った。

この愚劣な発言は、保身のためか、本当にそう信じているのか?(司会者もツッコまなかった。)しかし、TVで大変な露出度があるこの評論家の人気は、日本ではあいかわらず続くのだろう。心酔する人は変わらないのだろう。

こんな論調が大手を振って歩き回り、情報操作に近いことも平気で行われる――今の日本は、本当に恐ろしい。今回の震災はメディアの醜さを露呈したと思う。しかし、「醜い」と思う以上に、体が震えるほど恐ろしい。

朝日新聞も露骨に怪しからん事やっていたらしい。枝野官房長官の記者会見の重要な部分をカット。まあ、キシャクラブに属するこの国の大メディアは、信用していないけど。
安井至さんのコラム、下の方
http://www.yasuienv.net/DiscFood.htm
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

プルトニウムの怪

放射線関係ででてくる専門家の話で、今や最大の謎である。

――プルトニウムの影響はないんですか?
「プルトニウムは、非常に重いから飛散しません」
――日本でも検出されているんじゃないですか?
「まあ、あちこちで見つかっているものは、冷戦時代のものです」
じゃあ、飛んできたんじゃん!!

メディアに出てくる専門家の出身大学をみるとだいたい同じ――ということは、学閥➔同じ考えかた?
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

広瀬隆氏「『原発震災』の真実」

近くのコンビ二の顔見知りのおばさんが、ペット水2Lを取っておいてくれた。「パコちゃんがいるから、どうしたかと思って……」。泣けてくる。

広瀬隆氏の重大な指摘、「福島原発で何が起こっているか?−現地報告と『原発震災』の真実」ビデオ。50分〜1:10分頃に注目。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/926

他の原子力発電での出来事、原子力関係のしてきたことを考慮しても、広瀬氏に分があると思う。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

NHKのやり方

NHKのBS海外ニュースを観ていたら、米ABC Newsのコメントを途中でばっさりカット。あまりに不自然なので、ABCサイトでチェックすると、Michio Kaku教授のコメントでカットされた直後にかなり深刻な指摘が。

http://abcnews.go.com/International/japan-breach-suspected-nuke-plant/story?id=13218997
カットされた2分30秒あたりから。最悪のシナリオの場合、3つの炉で同時にメルトダウン、プルトニウムの危険も指摘。微量でも肺ガンと。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

買い占める日本人

納豆も牛乳も、スーパーの棚は空だ。義捐金を送る日本人は、パニック買いもする国民なのだろうか。もちろん同じ人々ではなさそうだが、ふだんの生活でも、場所取りなど、自分の利益しか考えない行動は多いのだから、多くの日本人の習性か。

日本人のミーイズムは近年のものだ、という人がいるが、「買い占め」はオイルショックの70年代にもありましたよ。つまり、自分のことしか見えなくなるんじゃないか。連帯意志のなさ? いや、余裕のなさ? ヨーロッパの人々と比べると、特に強く感じる。

さて、東京の水は「大丈夫」とメディアが言い出しても、パコのためにペットボトル水が必要だ。しかし、スーパーには品薄で、1人につき500ミリ1本しか売ってくれない。あちこち行ってやっと2本手に入れた。
こういうときは通信販売――そこで、ネットを見て驚いた。

ふだん1本180円くらいのペットボトルの水が、ネットの店では1本400円〜500円って?!便乗だろうこれは。買い占めておいて高く売ろうとする輩は、オイルショックの時にも現れた。こりゃ、エゲツナサは、この国に根付いたものですかな。

この災害に便乗して高値で物を売っている店は、覚えておいて、平常に戻ったらボイコット運動することを提案します。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

人災――東京電力と日本の原子力行政

すでに知られているように、東京電力は、地震の一カ月ほど前、老朽化して限界だったはずの福島原発6機の使用をさらに10年延ばすように決定した。その許可を出したのは、もちろん政府だが、その際に福島原発の安全性に問題があったことが分かった。しかし、東電側はちゃんとした手を打たなかった。そのいきさつが、NYタイムズの記事に載っている。
http://www.nytimes.com/2011/03/22/world/asia/22nuclear.html?_r=1&ref=global-home

正確には記事を読んでほしいが、英語を読むのがメイドウという方のために、ポイントをいくつか。(時間がないので、走り書きで失礼。)
・東電が出した延長案を検討していた政府サイドthe regulatory committee(原子力安全委員会?)は、第1号機のバックアップのためのディーゼル発電機にストレス亀裂があることを指摘した。これは、大波や雨でダメージがあった場合に危険なことになるものである。

・延長許可が下りた後、東電側は、6つの炉で、水ポンプやディーゼル発電機を含む冷却システム関係の部品33個を点検し損ねていたことを認めた(the nuclear regulatory agency原子力安全・保安院?のHPに、地震直前に載ったという)。

・保安委員会(?)は、「保全管理が不適切で、点検も不十分」としたが、その後、2週間もたたずに、地震が起こり、原発は大災害を起こした。

・老朽化した原発を延長利用する決定や、6機での点検不備は、電力会社と政府規制サイドの不健全な関係を際立たせることになった。今回延長利用を勧告したような専門家グループは、大部分が学者から選ばれて、官僚の意志決定を支持するだけで、選んだ機関に反対することはほとんどない。
この記事には、原発に反対の姿勢を示したら“汚職”で失脚させられた佐藤栄作元知事の話も載っている(噂によると、佐藤栄作元知事は、利益供与「0円」の罪だったそうな)。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

危機管理や初動の甘さ

北大名誉教授の岡田弘氏(NPO法人環境防災総合政策研究機構(札幌)理事)が、今回の危機管理や初動の甘さを指摘している。シンプルかつ有効な方法だと思う。言っておくが、これは、この民主党政権だからというのではなく、この国の(これまでの)危機管理の甘さ――福島の原発は前政権・自民党(=原発推進派)の下で決まったものだ――ゆえの問題である。
岡田弘・北大名誉教授に聞く 初動、危機管理に甘さ 集団避難、道内受け入れを
 死者・行方不明者が2万人を超えた東日本大震災では、津波で陸路が寸断、救援物資が届かない集落の孤立が問題になっている。被害を最小限に食い止めるため何が必要だったのか、被災者のために北海道は今何ができるのか――。NPO法人環境防災総合政策研究機構(札幌)理事の岡田弘・北大名誉教授(67)は、危機管理や初動の甘さを指摘している。

 岡田さんは火山学者のイメージが強いが、もともとの専攻は地震学。1977年の有珠山噴火対策にかかわり専門を火山学に変更したが、津波や地震、その防災にも詳しい。

 今回の大震災の規模について、識者の多くは「想定外」と繰り返すが、岡田さんは「自然災害は予想を超えることがあるのは常識だし、2万2千人が亡くなった1896年の明治三陸大津波や、インドネシア・スマトラ島沖地震による巨大津波も起きており、今回の津波は最大級ではあるが予想の範囲内。この規模の津波が、もしかしたら起きるかもという認識が不十分だった」と指摘する。

 初動態勢にも問題があったという。
 「地震発生は午後3時前。暗くなるまで3時間はあった。自衛隊の偵察機を飛ばして海岸沿いの写真をすべて撮り、被災前と比較解析すればどの集落がやられたかすぐ分かり、翌朝一番で救援物資や衛星電話をヘリから投下できた。集落孤立へのリスク評価が甘かった」。何が起き、何が必要で、どうすれば生存者を助けられるか、危機管理の徹底した見直しを訴える。

 津波警報や注意報についても「発表は第1波の到達予想時刻と高さだけ。これは最初の小さな波の情報にすぎず、それ以上の波は来ないと思う住民も出てくる」として、潮位がその後どう変化していくかのデータを速報するなど、改善を求める。

 大津波の危険が去っても警報を出し続けている点も問題視。「警報は大げさ」「当たらない」といった不信感を増幅させるからだ。

 「誤解されない情報の出し方をしないと避難率は上がらない。津波到達までにとにかく高い所に逃げることを普段から子どもたちに教え、伝えて行くことも大切」という。

 被災者支援については「北海道は大きな役割を発揮できる」と強調する。東北は広範囲に被害を受け、福島は原発が心配。首都圏も電力不足で、東日本で余力があるのは北海道だけ。道内の温泉施設や保養所などを今すぐ提供し、コミュニティーを崩さず、集落丸ごとの疎開を受け入れるよう提案する。費用は公費と寄付で賄う。被災者をケアし話し相手になるボランティアも必要になる。

 2000年の有珠山噴火では避難指示に先立ち、高齢者を温泉施設に移したり、避難住民をバスで温泉に送迎したこともある。

 「市町村レベルでなく北海道として、こうした支援を表明してほしい。次は道民が被災してお世話になるかもしれないんですから」
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/280064.html
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

ああプロ野球コミッショナー……

加藤良三コミッショナーが、プロ野球分離開催を認めたようだ。パ・リーグは4月12日なのに、セ・リーグは本来の3月25日開催を29日に遅らせただけである。セ・リーグ球団の「できるだけ通常開幕」に押し切られた形だ。

仙台に楽天の本拠地があるパ・リーグに比べてセ・リーグは被災地に本拠地がない、ナイターなど節電を心がける――と理屈はあるそうだが、説得力に欠ける。

報道によれば、セ・リーグ読売巨人軍の渡邉恒雄会長ら球団幹部が強く通常開幕にこだわったという。渡邉会長は政治でも、いまだに、日本の政治の古き伝統である「フィクサー」を演じようとする。ご自分の力が強すぎて、思い込んだら、周りがお見えにならないのか?

コミッショナーというは、本来、調停役もかねた「重要事項を決定できる者」と思っているが、リーダーシップ、ゼロ。日本の「コミッショナー」は、あいかわらず飾りものでしかないようだ。それは、「江川事件」以来なにも変わっていない。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

原発「安全神話」の崩壊

「安全神話」の崩壊について、昨日の朝日新聞の第3面に小さな解説が載っている。もっともな論理・背景説明だが、昨日今日知ったことがらばかりではないだろう。それを知っていたのなら、なぜもっと以前にそれを指摘しなかったか。それこそ、「第4の権力」たるメディアの務めだろう。

福島原発については、建設の時にも反論があったし、数年前にも津波の危険性が指摘されたではないか(国会で共産党議員が指摘)。しかも、40年と老朽化で限界だった福島原発をさらに10年のばした時、原発は「安全だ」と主張する東京電力を、新聞もTVメディアも真剣に批判も反論もしなかった。

原子力行政の「闇」に関しては、大新聞を含む巨大メディアの罪も大きいだろう。

(さらに、15日付の英テレグラフ紙電子版によれば、2008年12月に、国際原子力機関(IAEA)の当局者が、日本の安全基準は「時代遅れ」で巨大地震が発生した場合は原発に「深刻な問題」を引き起こすと警告していた。日本政府(当時は、自民党政権)は、すべての原発の安全対策を改善すると約束していたが、それも疑問視されている。リークされた外交文書をもとにウィキリークスが報じているという。

An official from the International Atomic Energy Agency (IAEA) said in December 2008 that safety rules were out of date and strong earthquakes would pose a "serious problem" for nuclear power stations.
The Japanese government pledged to upgrade safety at all of its nuclear plants, but will now face inevitable questions over whether it did enough.
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/wikileaks/8384059/Japan-earthquake-Japan-warned-over-nuclear-plants-WikiLeaks-cables-show.html )

かつて、原子力推進関係会社(電力会社を含む)のシンポジウムに行ったことがある。プルーサマルの議論が社会で出たころで、シンポではその必要性・有効性が強く謳われた。しかし、そこには、原発で利益を得る関係者と御用聞き評論家しかおらず、ある女性の「発表」は、「プルーサマルの仕組み」と名打って、その順番が絵で示されたのをポインターで指し示すだけというオソマツなものだった。

原発に関しては、この国には「開かれた議論」というのは存在しない、とその時に直感した。
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東電の情報隠し

東電の記者会見が歯にモノの詰まった言い方しかせず、それをとりまく「キシャクラブ」は予定調和的な質問しかせず、新聞もそれを批判することはない(巨大新聞は「キシャクラブ」に属しているので、当たり前だが)。

ここにおいて、海外の新聞・メディアを追ったほうがいいことを確信した。
東電の情報隠しはほぼ犯罪だろう。

(計画停電について、大阪のある記者が、実にぶしつけな口調で「電気つけろよ、この冬に死ねっていうのか」とからんだというのがネットで話題になっている――ニコニコに映像あり。これは読売の記者だという噂がある。その他にも、「キシャクラブ」に属しながらも、枝野官房長官に、間違った発表について「国民に謝罪すべきではないか」と傲慢不遜な詰問を繰りかえす記者がいる。これは、「知る権利」や「国民の代表」というメディアの資格を全く誤解している。この国の大メディアはその程度のレベルなのだろうか。)
posted by ろじ at 00:00| パリ | TrackBack(0) | 日本・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。